花粉症の予防はマスク選びから始めよう

花粉症の患者にとって花粉が飛散している時期は本当に辛く、長く感じます。そんなとき頼りにしたいのが花粉の体の中への侵入を予防するグッズです。
花粉症用のマスクはその代表格で、様々なタイプのものが、たくさんのメーカーから販売されるに至っています。
マスクをつける時に大切な事は、いかに自分の顔にフィットしているかという点です。たとえ1枚単価が高額なマスクをしていたとしても、そのマスクが自分の顔にフィットしていなければ意味はありません。
隙間なく顔の凹凸にフィットしていないと、わずかな隙間からでも侵入してくる花粉を予防できません。
自分の顔にぴったりと合うフィット感がマスク選びのポイントです。ただ、機能面でも重視したいポイントがいくつかあります。花粉症の人は1日のうちかなりの時間マスクをつけている状態です。
ずっとつけていると耳が痛くなってしまうことがよくあります。できるだけ痛みを予防するためには、耳にかける紐の素材にもこだわりたいです。痛くなる人には、柔らかく線が細すぎないものがおすすめです。
鼻に触れる部分にも工夫をしてあるものがあります。ここは意外と隙間ができやすく、花粉が入って来やすい箇所です。鼻の形に合わせてフィット感を高められる針金のような器具が鼻に触れる部分についているものを選ぶと合わせやすくなります。
頬の外側も隙間ができやすい箇所の1つです。実際にマスクをつけてみた時にフィット感が保てているかどうかをチェックしてください。
フィット感を確かめるために良い方法として、わざと荒く息をしてみるという方法があります。息を吐いたときに空気が漏れているような感覚があれば、そこには隙間が空いているということです。うまくカバーできないようであれば、他のものを試してみましょう。
マスクの値段も選ぶ際は重要なポイントです。たくさん入ってお得なものも多いので、フィット感が高いものでできるだけ安いものを選ぶようにしてください。
花粉症の人にとって、マスクは毎日変えたいアイテムです。たくさんの数を使うことになるのでリーズナブルさは重要です。

JINSの眼鏡でオシャレに花粉症対策

マスクで花粉の侵入を防ぐこととともに行いたい花粉症対策として眼鏡があります。目は常にさらされた状態にあり、花粉に対してあまりにも無防備です。保護してあげることで目の充血やかゆみを予防することができます。
花粉症対策の眼鏡となると、目の前面だけではなく、側面からの侵入も防げるものが良いです。
ただ、あまりゴツい眼鏡になってしまうと、花粉の侵入を防ぐことはできても、見た目があまり良くないという次の問題を生んでしまいます。そんなときにオススメなのが、JINSの度なし眼鏡です。
JINSのメガネはとてもオシャレで、花粉症対策用の眼鏡も得意としています。どれもとてもスタイリッシュなので、一見すると花粉症対策とは気づかない水準です。
オシャレなデザインは、花粉症のシーズンが終わった後でもつけ続ける人がいるほどです。グッドデザイン賞を受賞しているのも頷けます。
優れたデザインを持っているにも関わらず値段も手頃で、求めやすいところも嬉しいです。大人用だけではなく子ども用の用意もあるので、小さなお子さんでも花粉症に悩む人にはオススメです。
JINSの花粉症用眼鏡は、調節機能がついているという特徴もあります。普段眼鏡をかける習慣がない人でも度なしの眼鏡をかけるときに困らないような工夫があり、使い勝手が良いです。
カラーも豊富で、選ぶ楽しさがあります。おしゃれなメガネは憂鬱な花粉症のシーズンで沈みがちな心を少し軽くしてくれる優良アイテムです。
スリムでオシャレな見た目でありながら、花粉を最大98%もカットしてくれるJINSの花粉症用眼鏡を、フィット感の良いマスクと組み合わせれば、花粉の侵入を効果的に予防することができます。