第一世代の抗ヒスタミン薬ポララミン服用後運転は危険

ポララミンは、第一世代の抗アレルギー薬のひとつです。花粉症などに用いられるお薬ですが、ポララミンの特徴、効果や副作用はどのようなものなのでしょうか。詳しくみていきましょう。
抗アレルギー薬として用いられるポララミンは、花粉症や皮膚のかゆみなどに対して用いられるお薬です。ポララミンは、ヒスタミンの作用を阻害する事でアレルギー症状を抑えます。
ヒスタミンとは、アレルギーを誘発するケミカルメディエーターのひとつです。体内の肥満細胞からヒスタミンが放出されることで、ヒスタミンの作用により、血管が拡張したり、血管透過性が亢進したりします。
これらにより、アレルギーの症状であるくしゃみや鼻水が出てしまいます。ポララミンは、このヒスタミンが作用するために結合するヒスタミン受容体をブロックすることで、アレルギー症状を抑えています。
抗ヒスタミン薬は、古くから用いられている第一世代と、比較的新しい第二世代の二つに分けられます。
ポララミンは、第一世代の仲間ですが、第一世代は、効き目が良い一方で、副作用が多く、第二世代は、効き目は第一世代と同様以上に残したまま、副作用が少なく改善したため、使いやすいという違いがあります。
第一世代抗ヒスタミン薬は、脂溶性が高いため脳に移行しやすく、中枢神経系に作用してしまうため、眠気を引き起こしてしまいます。
一方で第二世代抗ヒスタミン薬では、脂溶性が低いため脳に移行しにくく、第一世代のような副作用が抑えられると考えられています。
ポララミンの主な副作用は、眠気です。また、吐き気、便秘、口渇といった抗コリン症状も生じることがあります。
緑内障がある方や、前立腺肥大症などにより尿の出にくい方は、症状が悪化することがある為、使用は適しません。心臓病や、高血圧症、甲状腺機能亢進症、腸に閉塞のある方は注意して使用する必要があります。
第一世代の抗ヒスタミン薬は、上記の理由により、副作用で眠気が生じてしまいます。特に、ポララミンはすべての抗ヒスタミン薬の中でもトップクラスの眠気を引き起こす薬です。
このため、ポララミン服用後の自動車などの運転は非常に危険です。仕事や授業のある方の服用も避けるべきでしょう。
たとえ副作用による眠気であっても、抗アレルギー薬の服用後の眠気から、人身事故などを起こしてしまった場合、危険運転致死傷罪に問われる可能性もあります。思わぬ事故を起こさない為にも、ポララミン服用後は運転しない事を徹底しましょう。

副作用の強いポララミンが現在も使われる理由とは

では、そのような副作用の強いポララミンが現在も使われる理由はどのようなものなのでしょうか。
まず、第一世代の抗ヒスタミン薬は日本だけでなく海外でも古くから用いられているため使用された知見の蓄積が多く、そういった視点から安全性が高いといえます。
この安全性から、小児や妊婦さんにも使いやすいという特徴があります。ポララミンは、妊婦さんへの使用実績も豊富であるため、リスクが少なく安全に使用できることが確認されています。
妊娠中の薬剤の使用は、胎児への影響の大きい妊娠四ヶ月までは控える事が原則ではありますが、妊娠四ヶ月以降や、医師が薬の有益性がリスクを上回ると判断した場合は使用します。
また、ポララミンなど第一世代の抗アレルギー薬は、くしゃみや鼻水、咳といった風邪の症状に対しても効果があり、保険の適用を認められています。一方で、第二世代の抗ヒスタミン薬は、風邪の症状に対する保険適用はありません。
このように、アレルギーだけでなく風邪の症状にも用いる事ができるため、現在も用いられています。さらに、第一世代の良さのひとつに即効性があるという点があります。
第二世代の抗アレルギー薬が、効き目が発揮されるまでに、時間がかかる一方で、ポララミンのような第一世代の抗アレルギー薬は症状が強くなった時の頓服としても用いることができます。第二世代だけでは効果が不十分な時に、用いる場合もあります。
その他にも、ポララミンは剤形が多様であるという特徴もあります。錠剤だけでなく、シロップや注射剤なども販売されており、用途に合わせてお薬のタイプを使い分けることができます。
以上のように、ポララミンは、妊婦さんでも比較的安全に使用できる、風邪の症状にも使用できる、即効性があり症状が出てからでも頓服として用いることができる、といった良さがあるため、現在でも使われています。