アレグラは副作用で眠気が出にくい治療薬として有名

アレグラという薬について、あなたはご存知でしょうか。この薬は、効果の高いアレルギー治療薬として知られています。
花粉症など、アレルギーによる症状で病院へ行くと、この薬を処方されることが多いです。また蕁麻疹や皮膚疾患、喘息などの症状の場合も、このアレグラを処方されることがあります。
アレグラの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩は、これらの症状にも優れた効果を発揮します。
このアレグラを使った治療は、いわゆる対症療法と言われるものです。つまりアレルギーに伴う諸症状を緩和するのが目的なので、アレルギーの原因そのものを治すわけではありません。
ですから慢性的なアレルギーがある場合は、アレルギー治療薬による対症療法を行うかたわら、アレルゲンと呼ばれる、アレルギーの原因そのものを把握して、体内に取り込まないようにする必要もあります。
ところでアレルギー治療薬というと、副作用、特に眠気が出るのではないかと心配する人もいます。しかしアレグラの場合は、第二世代抗ヒスタミン薬に属しており、通常のアレルギー治療薬にありがちな眠気が、ほとんど出ないのが特徴です。
このため車を運転しなければならないとか、あるいは、機械などを操作しなければならない場合でも、副作用を気にせずに行うことができますので、その点では安心できます。
もちろん副作用が出にくいといっても、個人差があります。もしアレグラを服用していて、どこか気分が悪いとか、やはり眠気が出てしまうといった場合は、必ず処方をしてくれた医師に相談するようにしましょう。
自分で勝手にやめたり、あるいは量を増減したりしないようにしてください。
またアレグラの場合は、服用してから効果が出るまでに、時間がかかることがあります。また、中には体質的に効果が感じられないということもあります。
数日間服用しても、効果が感じられない場合は医師に相談して、自分に合った治療方法を選ぶようにしましょう。

アレグラは市販薬として販売されている

ところでこのアレグラは、処方薬だけではなく、市販薬としてドラッグストアなどで販売されています。
もちろんこの場合も、主成分はフェキソフェナジン塩酸塩で、抗ヒスタミン薬である点は変わりませんし、そしてアレグラという名前も同じですが、適用される症状が違って来ます。
処方薬の方は、アレルギーだけでなく蕁麻疹や皮膚疾患、喘息などにも適用されますが、市販薬はアレルギーのみの適用となります。
ですから花粉症などの場合は、処方薬でなく市販薬でも十分対応できます。ただし市販薬の方は、対象年齢が処方薬の場合よりも高くなります。
処方薬は12歳以上が対象で、15歳未満の場合は、フェキソフェナジン塩酸塩の量を半分にした薬を処方してもらうことが可能です。
ならば子供が花粉症にかかった時は、市販薬の量を半分にして飲ませていいのではと、つい考えてしまいます。しかし、それはやってはいけません。15歳未満でアレグラを服用する時は、必ず病院に行って処方してもらうようにしてください。
それから市販薬を購入する場合は、必ず薬剤師のいる薬局やドラッグストアに行って、購入するようにしましょう。
なぜかといいますと、アレグラは第一種医薬品、つまり要指導薬品ですので、薬剤師がその薬品に関する情報を、購入者に伝える義務があるからです。
そのため薬剤師不在時、あるいは薬剤師のいない店舗では購入ができません。その点に気をつけておきましょう。
また市販薬の場合は、アレグラFXという名称になります。無論アレグラといって通じないことはありませんが、正式名称をきちんと覚えておくようにしましょう。
アレグラFXには7日分の14錠のタイプと、14日分の28錠タイプとがありますので、どちらかの分量を決めて選びましょう。