そもそもアレルギーって何?何で起こるの?

アレルギーという言葉をよく耳にしますが、そもそもアレルギーとは何でしょうか。アレルギーとは、本来は体に入ってきた細菌やウィルスと戦うためにある免疫反応が、過剰に働いてしまうことです。
花粉や小麦粉などの食べ物は、病原菌ではなく体に害を与えないものです。しかし、体が有害な物質だと判断して攻撃をすると、アレルギーとしてあらわれるようになります。
その原因は、生まれ持った遺伝的要因の影響を強く受けます。花粉症を両親に持つ場合は、持たない場合と比較すると子供が花粉症になりやすくなります。花粉症の他にも、食べ物などに反応することもよくあります。
遺伝の他にも、食生活や衛生状態などによっても発症しやすくなります。特に、現代は大気汚染が進んでいて、年々アレルギーの患者さんは増えています。
大気汚染によって、目には見えない小さな物質が空気中をただよい、それを吸い込むことによって体の免疫反応が起こるというものです。黄砂や車などの排出するガスなど、大気汚染は進んでいます。
さらに、ストレスによってアレルギー反応は強く出るという結果が出ています。ストレスを感じないという人はいないでしょう。ストレスによって、アレルギーへの反応が出る限界値は大きく引き下げられることが分かっています。
また、現代の日本はとても衛生環境が整っています。きれいな環境というのは、体にとっていいものだと判断されますが、清潔すぎる環境で育つと、雑菌に感染する機会が極端に減り、アレルギーを起こしやすい状態になってしまいます。
アレルギーは、一度反応すると次にもまた同じ刺激に対して反応するようになります。細胞膜にあるアラキドン酸は炎症によって酸化して、抗炎症作用のある物質を次々産生するようになり、これをアラキドン酸カスケードと呼びます。
アレルギーの症状は、くしゃみや鼻水、目のかゆみなど様々ですが、すべてがこのアラキドン酸カスケードが原因になっています。

最もつらいと言われる小麦粉アレルギーについて

小麦粉アレルギーは、数あるアレルギーの中でも最もつらいと言われています。小麦粉はパンや麺類、お菓子など日常的に口にするものの多くに含まれています。
そのため、食生活を大きく変える必要があります。子供の場合は特に、給食を一緒に食べることができないなど、つらい思いをすることがあります。
また、外食に出かけた際にも、小麦粉を使った食べ物ばかりなので、食べられるものが制限されてしまうという面があります。子供が発症するイメージが強いですが、大人になってから急に小麦粉アレルギーになってしまう人もいます。
小麦粉アレルギーの症状は多くの場合、食べた直後から2時間以内にあらわれます。じんましん、湿疹、咳、下痢、呼吸困難などの症状が主だったものですが、個人により起きない症状もあります。
遅延型アレルギーの場合は、食べてから6時間ほどたってから症状が出ることがあり、食べたものとの因果関係が分かりにくくなってしまいます。
アナフィラキシーショックと呼ばれる症状は、アレルギーの症状が呼吸器や消化器など全身にわたり、複数の臓器にでるため、急激な血圧低下などからショック症状を引き起こします。
アナフィラキシーショックは生命に関わる症状なので、特に注意が必要になります。
小麦粉アレルゴーは食べるものが制限されるつらさがありますが、さらに日常生活の中でも気を付けなければいけないシーンが多くあります。
石鹸など、お肌に使うものの中には小麦粉を材料にしているものがあるからです。皮膚からも吸収されると、食べなくてもアレルギー症状が出てしまいます。食べ物には注意をしていても、使うものに関してはそれほど注意していないことが多いためです。