花粉症は、原因となる植物の花粉の飛散がおさまらないと、自覚症状もおさまってくれません。
鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの花粉症の症状は、他の病気と比べて軽くみられがちですが、ひどくなると日常生活にも影響を及ぼすこともあり、とても辛いものです。
辛いアレルギー症状を抑えるためには、花粉症治療薬を使用することが有効ですが、種類によっては眠気を要するものもあり仕事や機械・車の運転などに支障をきたす場合もあります。
そのため、眠気を要する治療薬を使用する場合には注意が必要となります。しかし、眠気が少ない治療薬となると効果が弱いものが多いため、症状の重い方は快適な生活が送れるかが心配です。
アレルギー症状を効果的に抑えるためには、症状緩和効果と副作用の眠気が中度レベルの治療薬を選ぶことです。花粉症治療薬の中で中度レベルのものはいくつかありますが、中でも「ザイザル」がおすすめです。

ザイザルは花粉症に効くアレルギー治療薬

ザイザルの箱と薬『ザイザル』は、花粉症によるアレルギー症状を抑えるほか、蕁麻疹や皮膚炎などの治療にも使用される抗ヒスタミン薬です。アレルギー症状の緩和効果レベルは中度であり、強度レベルのアレルギー治療薬の改良版として開発されました。
アレルギー症状が発現するのには、ヒスタミンと呼ばれる体内物質が深く関係しており、ザイザルはヒスタミン受容体(特定の物質と結合することで細胞に信号を伝えて応答を起こすタンパク質)をブロックして、本来の働きをさせないことでアレルギー症状を抑えることができます。この効果を生むのが、ザイザルの主成分である「レボセチリジン塩酸塩」です。
アレルギー反応は、アレルゲンの刺激を受けることで起きますが、その際に免疫を司る細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が大量に放出されます。放出されたヒスタミンは、特定の受容体と結合することでアレルギー症状を誘発していきます。
ザイザルの主成分であるレボセチリジン塩酸塩は、ヒスタミンが受容体と結合するのをシャットアウトし、更にアレルギーに関連する化学伝達物質が他へと離れるのを抑制する働きを持っています。
主成分であるレボセチリジン塩酸塩の特徴は、ヒスタミン受容体のブロック効果が高く、他のブロック作用が少ないため副作用もほとんどみられない点にあります。そのため、6ヶ月以上の小児からでもザイザルを使用することが可能です。
ザイザルには錠剤とシロップの2種類があり、錠剤は成人用の他に小児用(7歳以上15歳未満)、シロップは成人用の他に小児用(6ヶ月以上1歳未満・1歳以上7歳未満・7歳以上15歳未満の3種)があります。小児は、月齢・年齢によって用量が変わってきます。
レボセチリジン塩酸塩は、他のアレルギー治療薬の主成分と比較しても即効性・持続性に優れているため、花粉症の症状が出始めてから使用しても十分に効果を実感できます。
ザイザルは、強力なアレルギー治療薬の改良版として開発されたため、ヒスタミン受容体との結合阻害効果も強く、強力アレルギー治療薬の半量で同等の効果を得ることが可能です。用量を抑えられるため、他の治療薬よりも副作用の発現も少なくなっています。
ザイザルは、アレルギー抑制効果の他にも効能があり、成人では蕁麻疹や湿疹などの皮膚炎、強いかゆみを伴う皮膚炎症、皮膚のむず痒さなどの緩和効果、小児では蕁麻疹や湿疹などの皮膚疾患や皮膚のむず痒さなどの緩和効果があります。

ザイザルは用法・用量を必ず守りましょう

用法を守って服用することで即効性が得られますが、体質や症状のレベルなどによっては十分な効果が得られるまでに数日程度掛かることもあります。
そのため、すぐに十分な効果が得られなかったからと言って「即効性が無い」と使用を止めてしまうのではなく、数日使用して効果を見極めるようにしましょう。
ザイザルがアレルギー治療薬として広く利用されている理由は他にもあり、他の治療薬などとの飲み合わせ・食べ合わせの禁止がほとんど無いことです。
ザイザル以外のアレルギー治療薬の種類では、市販の風邪薬と併用することで主成分やその働きが重複してしまうことがあります。これは、市販の風邪薬にアレルギー治療薬と同じ抗ヒスタミン作用を持つ成分が含まれているからです。
しかし、ザイザルの主成分は市販の風邪薬に配合されている成分とは異なるため、併用しても効果や副作用、即効性、持続性などに変化はありません。
ただし、ぜんそく治療薬やエイズ治療薬の一部では、併用することでそれぞれの作用に働きかけて強い影響を与える可能性があるため、注意が必要です。
また、抗不整脈薬との併用においても、それぞれの主成分の血中濃度が通常よりも上がってしまい、副作用を引き起こした事例も報告されているため、使用する際には医師に相談するようにしましょう
治療薬以外では、アルコールの併用によってザイザルの副作用を出やすくさせて可能性が高いので、治療中はアルコールの摂取は控えることが大切です。
せっかく眠気の少ないザイザルを選んで使用しているのに、お酒を飲んだことで眠気を強くしてしまっては意味がありません。眠気の発現の程度は人それぞれ異なるため、できるだけ飲酒は控えるようにしましょう。

ザイザルの主な副作用は眠気

ザイザルは、即効性・持続性に優れた高い効果を持つアレルギー治療薬ですが、主成分であるレボセチリジン塩酸塩の効能が高い分、人によっては副作用を伴う場合があります。
しかし、他のアレルギー治療薬と比較しても副作用の発現は少ないです。
ザイザルの副作用はいくつかありますが、最も多いのが「眠気」です。その他には頭痛などがあります。重大な副作用が起こることはほぼありません。
アレルギー抑制作用の強い治療薬の場合、効き目は期待できますがその反面、副作用である眠気や頭痛の発現が問題となっていました。
ザイザルが登場したことにより、アレルギー抑制効果のレベルはそのままに、眠気や頭痛などの副作用の発現を極力抑える成分を配合することで、患者さんへの負担を軽減させることが可能となったのです。
ザイザルの主な副作用である眠気に関しては、アレルギー抑制効果の低い治療薬と比較すると発現率は高めになっていますが、強力な効果を持つ治療薬の中では副作用が出にくくなっています。
非常に使い勝手が良いうえ、即効性・持続性も高いことから、アレルギー治療薬の中でも広く利用されています。
副作用の眠気が起こる頻度としては、海外で行われた副作用のの頻度を算出する臨床試験の結果により明らかとなっています。
ザイザル錠5mgを服用したことで起こった副作用としては、眠気が2.6%~6.0%、頭痛が0.1%~3.3%、疲労・倦怠感が0.2%~3.0%という結果が出ています。この結果から、ザイザルで最も多く起こる副作用は「眠気」であるということが分かります。
しかしながら、眠気の発現率が高いアレルギー治療薬となると、ザイザルが開発されることとなった治療薬Aでは6%以上、その他の効き目が強い治療薬Bでは7%以上、治療薬Cでは5.7%以上となっており、これらと比較しても、ザイザルの副作用発現率がとても低いことが分かります。また、次に多い頭痛においても、ほとんど起こらないということが分かります。

ザイザルの副作用はどのようにして発生する?

副作用として眠気が起こるのは、抗ヒスタミン薬の主成分が脳内に成分が入り込んでしまうことで起こります。主成分の中には、油に溶けやすい脂溶性のもがあり、より溶けやすい成分は脳内へと移行しやすくなります。
主成分が脳内に入り込むと、脳の覚醒作用を持つヒスタミンの働きを抑制してしまうため、脳が活性化できず眠気を起こしてしまうのです。
ザイザルの場合、抗ヒスタミン薬の中でも脂溶性が低いため、主成分が脳内に入り込む確率が少ないです。従って、ヒスタミンの脳覚醒作用を阻害する確率が低いため、眠気が起きにくくなっています。
花粉症に効果的なアレルギー治療薬は、アレルギー抑制効果が強いほど、眠気などの副作用が出やすいという特徴があります。
ザイザルが開発される以前は、辛い症状を少しでも緩和させたい人は、眠気が出るのを承知で効果の強い薬を使用する、眠気を起こしたくない人は、アレルギー抑制効果が低い治療薬を使用するという、2つから選択しなくてはなりませんでした。
そこにザイザルが開発されたことで、眠気の副作用の発現は抑えながらも、高いアレルギー抑制効果を得られるようになり、花粉症患者さんの負担を軽減させることができるようになりました。
更に、持続性もアップしているのでその効果を長く得ることも可能になったのです。
ザイザルを服用する上で、1つ注意しなければならないことがあります。それは、ザイザルが効果と副作用のバランスが取れたアレルギー治療薬であっても、全く副作用が現れないわけではないということです。
上記の副作用発現率は、正しい用法・用量で服用した際の海外データであり、服用方法を間違えると副作用が起こる場合もあります。
そのため、「ザイザルなら眠気は起きない」という間違った考え方で使用するのではなく、「正しい服用方法なら副作用が少ない」という考え方で使用するようにしましょう。

副作用の眠気対策!寝る前にザイザルを服用!

ザイザルの副作用は、他の治療薬と比べると起こる頻度は少ないとされていますが、0%ではないためもしかすると服用後に眠気が起こってしまうかもしれません。
眠気が出てしまうと、車の運転や精密な機械の操作、危険な場所での作業などをする人にとっては、何らかの支障が出る可能性があります。
しかし、アレルギー治療薬を飲まないと花粉症の症状を抑えることができないため飲む必要があります。このような場合、なるべくザイザルの副作用を起こさせないための飲み方などは無いのでしょうか。
眠気を起こさせない効果的な服用方法があります。それは、「ザイザルを就寝前に飲むこと」です。就寝前に飲むことにより副作用の眠気を軽減させることができます。
つまり、就寝前に飲むことで、次の日の車の運転や仕事・作業なども通常通り行えるということです。
ザイザルの主成分「レボセチリジン塩酸塩」のヒスタミン阻害効果は、服用してからおよそ1時間後から徐々に出始めてきます。
そして、服用後からおよそ6時間~8時間後に阻害効果がピークを迎えます。効果が持続する時間は、服用後から32時間以上となっています。
副作用対策を考えた服用方法としては、眠気のピークとなる時間帯を睡眠時間に合わせることでやり過ごすことができるようになります。では、就寝に飲む場合、どのくらいの時間に飲むのが効果的なのでしょうか。

眠気のピークを逆算することがポイント

主成分の血中濃度が最大値になるのは、服用後1時間~2時間となっています。眠気のピークが最大になるのもこの時間帯になります。従って、服用ポイントは眠気のピークを就寝中になるようにすることです。
眠気が治まってくるのは、服用後からおよそ7時間後です。普段の睡眠時間が6時間程度で、いつも午後10時くらいに就寝する場合には、就寝前の午後9時前に服用するのが効果的です。
睡眠時間が8時間程度の人の場合、就寝前に服用すれば目覚めた時にはピークを過ぎているので、翌日は快適に過ごせるようになります。
「眠気のピークが来るのは服用後約7時間」というポイントを抑えておけば、あとは睡眠時間を踏まえながら逆算してザイザルの服用時間を出せば良いです。
このポイントを知っていることで、副作用をほとんど感じることなく、日常生活を快適に送ることができるようになります。
眠気のピークの持続時間は数時間とされており、個人差があります。もし、午前7時に服用した場合、午前8時~9時頃に眠気がピークに達することになり、通勤中もしくは業務中に大きなミスを起こす可能性があります。
そして、その危険性がお昼頃まで続くことになります。また、お昼頃に服用すると、帰宅する頃に眠くなってしまうことになります。どちらも、起きて活動する時間帯とかぶってしまうため、最適なタイミングとは言えません。
就寝前に服用することで、眠気のピークを睡眠中にやり過ごすことができるほかにも、メリットがあります。それは、朝の花粉が飛散するタイミングに合わせて対策が取れることです。
ザイザルは、32時間以上という長い持続時間を持っています。従って、就寝前に飲んでも翌朝の通勤時間にもアレルギー抑制効果は持続しており、モーニングアタック(朝の花粉飛散)にも効果を発揮することができるのです。
服用方法を工夫することで、朝から花粉症の辛い症状と向き合うことが無くなるので、一日のスタートを気持ち良く迎えることができるようになります。
もし、これまでにザイザルを服用して日中眠くなることがあった人は、眠気対策の服用方法に切り替えることで、副作用を起こしにくくなり快適にすごくことができるようになります。
ですが、効果的な服用方法を知ったからと言ってアルコールと併用したりすると、上手く眠気対策が行えなくなる可能性があるため、あくまでも適切な用法を守りながら対策をとることが大事です。